小児科

このようなことの診察をします

  • かぜ症状(ねつ、はなみず、はなづまり、せき、くしゃみ、のどいた、ずつう)
  • 胃腸炎症状(げり、はきけ)
  • せきが止まらない
  • おなかがいたい
  • 便秘、便が固くて痛む
  • あせも、湿疹、おむつかぶれ、みずいぼなど
  • 学校検診の異常がある
  • けが・急に手を動かさなくなった

主な症状・病気

小児喘息(気管支喘息)

咳が続いている、口から「ヒュー・ヒュー」と聞こえる、寝ているときも呼吸の回数が多い、などで気づかれることがあります。お子さんはなかなか「息が苦しい」という自覚を持つことが難しいこともありますので、こういったことがあればご相談ください。

便秘症

お子さんにはそれぞれのお通じのペースがあります。しかし週2回以下の排便や、便をするときにすごく痛む、肛門から血が出る、硬い便などが続く場合はお薬の助けを使ったほうが良いものと考えます。

痛い→排便を避ける→便秘が進む の繰り返しを断ち切るために一時的にお薬の力を使うことをお勧めしています。慢性的に硬い便が出るようであれば、整腸剤や、便を柔らかくする薬などを、お子さんの経過に応じて使い分けますのでご相談ください。

皮膚トラブル

あせも、おむつかぶれや、湿疹の診療を行っています。

 

高浜台内科小児科クリニック

〒254-0802

神奈川県平塚市札場町12-16

TEL 0463-74-6927

 

(C) Takahamadai Clinic