アフターピル(緊急避妊)

「望まない妊娠を減らしたい」という想いから

当院ではアフターピルの処方を行っています

避妊具のトラブルや、避妊せずセックスがあった場合、妊娠を防ぐために緊急避妊を行うことができます。当院では緊急避妊としてレボノルゲストレル(1回のみの内服で終了)を扱っております。レボノルゲストレルは日本で2011年に認可され、従来のヤッペ法(中容量ピル・複数回内服)と比べ、より効果があり、より副作用が少ないとされています。

セックスのあと72時間以内にできるだけ早くアフターピルを使うことが重要です。(120時間以内であれば効果があるとされる一方、時間の経過とともに妊娠阻止率は低下します。)

当院で処方できない方

次の方は当院で処方することはできません。

1.性暴力被害に遭ってしまった方:当院では内診を行なわないため、すぐに婦人科・警察への相談をしてください。

2.すでに妊娠が判明している場合:このお薬は、中絶の薬ではなく、妊娠を防ぐ薬のため、妊娠後の効果はありません。

また確実な緊急避妊を求める場合、セックスより72時間以上経過した場合は、IUD(子宮内避妊器具)が考慮されます

アフターピル内服後の注意点

2%の方に吐き気がみられるとされていますが、重篤な副作用の報告はありません。

緊急避妊ピルで100%の避妊ができるわけではありません。1月経周期中(28日前後)、妊娠を意図しないセックス後の妊娠率は約8%とされ、妊娠阻止率は80%程度とされるため、単純計算でアフターピルを内服しても妊娠の可能性が1−2%程度はあります。

7−10日で消退出血(生理より少量・短いことが多い)が起こることがありますが、妊娠初期でも出血を生じることがあります。出血があるだけでは避妊が成功したとは判断できません。心配な場合、もしくはアフターピル内服後も3週間以上生理が来ない場合は、妊娠検査薬で確認することをおすすめします。

授乳中の方は乳汁中にピルが分泌されるため、服用後、24時間は搾乳・破棄してください。

アフターピルの診療の流れ

1.問診(女性看護師)

2.注意点の確認(医師)

3.内服(レボノルゲストレル 1.5mg)

最初の問診を行った看護師が最初から最後まで付き添いますのでご安心ください。

できるだけ早く内服されることで妊娠を回避できる可能性が上がるため、その場でお飲みいただくことをおすすめします。

直接来院された場合お薬がないことがあります。Webもしくはお電話でご予約ください。

診療明細書をお出しすることができますので必要な場合はお申し付けください。(明細には薬剤名が表示されます)

費用など

費用 8,800円(税込)

現金のほかクレジットカード、QR code決済(PayPay, LINE Pay, Rakuten Payなど)各種お支払方法に対応しています。

よくある質問と答え

Q1.緊急避妊薬をつかうと、もし妊娠した場合に胎児に悪影響がある?

A1. 胎児には悪影響がないとされています。また今後の妊娠に影響を与えるものでもありません。

 

高浜台内科小児科クリニック

〒254-0802

神奈川県平塚市札場町12-16

TEL 0463-74-6927

 

(C) Takahamadai Clinic