BLOG

感染症対策につきまして

こんにちは。

新型コロナウイルス感染症が猛威を振るい、私達の生活に大きな影響を与えています。院内で感染症の媒介してしまわないよう、当院ではさまざまな感染症対策を行っております。

まず、医療に使う器具や材料についてです。他の医療機関では消毒のうえ使い回しされていることが多いものについても、できるだけ使い捨てのものを採用しています。例を上げると、駆血帯(採血のときに腕を縛るゴム)や耳鏡(耳の診察に使う器具)のチップなどです。また、聴診器には使い捨てのカバーフィルムを貼って聴診させていただきます。

次に、消毒について。ドアノブや診察机など、患者様が触れる可能性があるところを消毒液(次亜塩素酸ナトリウム水溶液)で頻回に清掃しています。お手洗いを使われた際はその都度清掃しますのでご面倒でもお声をおかけください。

病院に行きたいのに、感染症が怖い…とお思いの方も多いと思います。皆様に少しでも安心して来院していただけるよう、院内には自動のソープディスペンサーやアルコール消毒ディスペンサーを多数設置しております。お電話くだされば、混雑状況もお知らせできますので、どうぞお気軽にご来院ください。

接触を減らした設計

医師、看護師、事務員が感染症を媒介しないため、手指消毒を行うとともに、接触を減らす工夫を行っております。レジはセルフ式となっております。

reception
手指消毒

院内には入り口、受付の2箇所、2つのトイレそれぞれにアルコール含有の手指消毒ディスペンサーを配置しております。お使いください。またアルコールに過敏症がある方は、その他の消毒剤、もしくは十分な手洗いができるトイレにご案内しますのでお申し出ください。

regis
飛沫感染対策

飛沫感染対策のために受付前にアクリルパーティションを配置しています。飛沫が生じうる診察については医師がゴーグル、ガウンなどを着用し診察にあたります。

 

高浜台内科小児科クリニック

〒254-0802

神奈川県平塚市札場町12-16

TEL 0463-74-6927

 

(C) Takahamadai Clinic